お客様の信頼に応える洋服づくりを追求した結果、
私たちは“Made in Japan”へのこだわりにたどり着きました。
すべての生産工程を国内工場(青森県弘前・茨城県古河)で行うことで、
安心・安全な品質管理と納期の厳守を可能にしています。
品位のある洋服を生み出すには、高い水準の生産環境に加えて、
洋服づくりに携わる人間の熱意も必要です。
素材、品質ともにお客様の愛着に応える一着を送り出し、
より豊かな生活文化をご提案していきます。
洋服づくりへの夢と高い意識を持つ人材を育てるために、
社員ひとりひとりのキャリアアップを段階に応じて見守る社員教育を実践しています。
先輩から後輩へ、現場で培ってきた技術を大切に伝承しています。
「センチュリーテクノコア弘前工場」では、
社員の平均年齢が約36歳という若いパワーを発揮して、洋服づくりに取り組んでいます。
また、社内教育に加えて、日本のトップレベルの技術を学ぶ社外研修なども実施。
有資格者を数多く育て、工場全体の技術力を向上させています。

資格取得者
1級技能士(上衣)4名
2級技能士(上衣)17名
2級技能士(パンツ)20名
2級技能士(型紙)2名
(2014年5月末現在)